2017年7月2日(日曜日)

 

6月も多数のお問合せを頂き、実際に様々な書籍をお売り頂きました。

ご依頼主様方に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

常に外出している日々が続いておりブログの更新もなかなか儘ならずノビノビとなっております。

本日は6中旬快晴日にお邪魔させて頂きました愛知県春日井市のお客様宅での買取模様をお伝えします。

午前中に名古屋市港区でお引越しに伴いお仕事柄使用された読み聞かせ絵本、書道に関する書籍を買取させて頂き、午後には愛知県春日井市に入ることが出来ました。

 

お宅に到着しご挨拶を差し上げ、早速お売り頂く書籍を拝見致します。

ならんでいるのは現在では各古書店共通の悩みの種の売れない大型本が並んでおります。

(無論、現在でも価値がある大型豪華本は残っておりますのでお電話の際、お手数でも書名をお知らせ下さい)

お電話をされた段階で随分他店でお断りになられたご様子でお困りでした。

 

半分は資源として出されたそうなのですが、おり悪く梅雨のこの時期、雨にうたれている愛蔵書の姿を見ていたら残りの半分は捨てるに捨てられなくなってしまってダメ元で弊店にお電話を頂いたそうです。

ここまでお聞きしたら、片づけないわけには参りません・・・・・

片付けさせて頂きました本は少しでも残る形になるよう名古屋古書会館で定期的に行われる古書即売会の100円均一のコーナーに寄付させて頂いた事もこの場にてご報告致します。

 

お片付けさせて頂いて良かったと感じたのは、弊店のブログをお客様がお読みになられていたご様子で、「これはどうでしょう?」と囲碁、将棋に関する戦法書、定石を30冊ほど2階の書斎?から持ってきて下さいました。

こちらの本は熟読し、不要になったので差し上げますとおっしゃられます。

弊店では囲碁、将棋に関する書籍の買取に力を入れており、とてもありがたく感謝感激です。

ビデオはダメでしょうとおっしゃられるお客様でしたが、こちらも全て囲碁のビデオ。

無論DVDのほうが高価買取ですが、一つのジャンルで収集されたものでしたらビデオでも価値があるものがございます。

お金をお客様にお支払いしようとしたところ、お客様から丁寧に固辞されましたので、ありがたく全て頂戴致しました。

 

この度は弊店に愛蔵書の整理、片付けを一任頂き、誠にありがとうございます。

またご縁がございました際は宜しくお願い申し上げます。

 

DSC_3070DSC_3074